Mr.ビーン カンヌで大迷惑

Mr.ビーン カンヌで大迷惑

1997年に初の劇場版『ビーン』が製作されると世界中でビーン旋風が起こり、1998年2月には同作の日本公開に併せてアトキンソンが初の来日をしたことにより日本でも一大ビーン旋風が吹き荒れました。2007年には劇場版第2作『Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!』が同年3月30日の全英公開を皮切りに世界各国で公開され、世界各国で初登場第1位を記録しました。同作は日本でも2008年1月19日に公開され、初登場第4位を記録しています。

Mr. ビーンカンヌで大迷惑のあらすじは、教会のくじ引きで、フランス旅行とビデオカメラが当たったミスタービーン。早速カメラ片手に列車でパリに向かい、リヨン駅からカンヌ行きの列車に乗るところを通りすがりの人に撮影してもらうが、いつものようにあれこれと注文をつけているうち列車は発車してしまいます。オペラの口パクでお金を稼いだり、カンヌ国際映画祭に乱入したり、ビーンがフランスで大迷惑をかけまくるストーリーです。