Mr.ビーン

Mr. Bean

Mr.ビーン
Mr.ビーン
Mr.ビーン

Mr.ビーン

Mr.ビーンことローワンアトキンスはイギリスのコメディアン、俳優、脚本家です。『ブラックアダー』『シン・ブルー・ライン』『Mr.ビーン』などの古典的なホームコメディへの主演で知られています。父親は農業を兼業する会社役員で、1955年にイングランド北東部で生まれオックスフォード大学ザ・クイーンズ・カレッジで理学修士を取得している秀才でもあります。

オックスフォード在学中の1976年のエディンバラ・フリンジ・フェスティバル(エディンバラで行われたコメディなどの文化祭)で最初の成功を収めた。のちに『Mr.ビーン』シリーズで大きな役割を果たす劇作家リチャード・カーティスや作曲家ハワード・グッドールと会いと出会います。その頃大学内の劇団やコメディーグループで活躍します。

Mr.ビーンの俳優活動

Mr.ビーン

日本でも「Mr. ビーンの大騒動」などビーンシリーズがNHKで放送されましたが、彼の業界での活躍は大学卒業すぐに始まります。喜劇俳優でテレビ司会者であるアンガス・デイトン(英語版)を喜劇の引き立て役として連れて、一緒に巡回公演から始まります。公演のテレビでの放映を皮切りに、スタンダップ・コメディやラジオ出演、小説をも成功させて行きます。

1978年からITVのシリーズドラマに出演していたが、BBCのコメディ番組に出演するようなってからはITVのドラマ出演は取りやめています。1回25分間のコント番組「9時のニュースではありません」では主要コメディー作家を努めました。この番組の成功が中世を舞台にした歴史シットコム『ブラックアダー』の立ち上げに結びつきます。そして有名な出演作1988年に初放映された「Mr.ビーン」へと繋がります。

Mr. Bean

BLOGページ

ミスタービーン くま

Mr.ビーン クマ

話によってはぬいぐるみの目がボタンになったり、ミスタービーン同様に愛されるのが Mr.ビーン クマ のぬいぐるみ。時には、ミスタービーンが間違って洗濯して縮ませたり、首をもぎ取られてしまったり。それでも、どんな時もすぐそばにいてくれる・・ミスタービーンの一番の親友には変わりないのです。

更に読む
Comedy
mr. ビーン テレビ

mr.ビーン テレビ

ミスタービーンの愛用品や登場人物のキャラクターも、ミスタービーンシリーズで注目すべき、面白いところ。mr.ビーン テレビ をもっと楽しめるヒントや情報を紹介しています。これらを知ることで、ますますミスタービーンを愛おしくなること間違いなしです。

更に読む
Comedy
ミスタービーン 顔

Mr.ビーンシリーズ

通常の Mr.ビーンシリーズ 以外にもスペシャル版としてさまざまなドラマがあります。「Mr. Bean’s Wedding」「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」などです。これらは、世界各国で初登場第1位を記録しています。日本では、「朝までMr. ビーン」が総集編として放映されました。

更に読む
Comedy